女性ホルモンについて

model1.jpg



女性ホルモンというと、なんとなく、実体のない、うさん臭いみたいなものというイメージがありますが、これはしっかりした物質です。

身体の中で作られ、体内の関係を調節したりコントロールしたりするはたらきがあります.

女性ホルモンとして有名なのは、卵巣でつくられる、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つがあります。

そしてこの2つの分泌をコントロールするのが脳のなかにある
視床下部と下垂体です。

ここから卵巣に『このホルモンを出してください』と指令がいくと卵巣からホルモンが出るわけです。

でも、この卵巣への指令はどんな形で行くかというと、これもやっぱり『ホルモン』というお手紙が届くのですね。

結局、女性の『ホルモンバランス』っていうのは『視床下部』と『下垂体』と『卵巣』とのあいだでやりとりされるお手紙の流れがうまくいっているかということです。ややこしいですね。

女性ホルモンのバランスが崩れる理由としては、『視床下部』と『下垂体』と『卵巣』とのやり取りが上手くいかなくなった時です。

女性ホルモンを分泌させる視床下部は同時に自律神経のコントロールもしているので、ストレスの影響を強く受けてしまいます。

このしくみはとっても微妙で繊細なので、下手をすると自分では意識できないくらいのことも多いと思います。

例えば、『生理がくるはずだったのに、旅行中はこなかった』なんて経験ありませんか?

月経リズムはホントに些細なことにでも影響されてしまうのですね。

不規則な生活や睡眠不足、過度なダイエットなどもホルモンバランスを崩す原因になります。

できるだけバランスのとれた食事、規則正しい生活、睡眠を心がけましょうね。

女性ホルモンのバランスが乱れる時期が一生で女性には2回あります。

ひとつは思春期です。思春期はまだ身体がホルモンバランスをうまく一定化できないので月経周期が乱れたりしてしまいます。

そしてもう一つは更年期です。更年期は卵巣からの女性ホルモンの分泌量が減る過程でからだが混乱してしまいます。

更年期でイライラ、めまい、ほてりなどの不定愁訴が現れるのは、少なくなった女性ホルモンを察知して脳の司令塔(視床下部)が頑張ってしまって、その結果かえって逆に自律神経のコンロトールがうまく行かなくなるからとも言われています。

女性ホルモンは、血液で運ばれて標的の臓器に働きかけます。

イメージとしては、郵便物が特定のポストに取りこまれる感じですね。

女性ホルモンにはどんな種類があるのでしょうか?

身体の中を一定に保つためにはいろんなホルモンが働いています。

たとえばよくしられたところで言うと『成長ホルモン』。これは寝ている間によく分泌されることでも有名です。

『寝る子は育つ』というのは医学的にもホントなのですね。

ちなみに、体内にはたくさんのホルモンがあるのですが、これの多くを制御するのが脳の中の『視床下部』と『下垂体』と呼ばれる場所なのです。
posted by venus at 12:05 | 女性ホルモンについて

若年性更年期障害としては

model2.jpg




若年性更年期障害という言葉が使われていることがありますが、これはどうも、20〜30代で更年期症状のような具合の悪さが出てしまうことを総称して早発閉経と呼んでいるようです。

閉経は大体平均すると51歳くらいです。すると、『更年期障害』は40歳台後半から始まることが多いことになりますね。

つまり、30代で『更年期障害』が現れる(=ホントに卵巣の機能がなくなってくる)とすればこれは『早発閉経』ということになります。(ちなみに日本では40歳以下の女性で閉経してしまうことを『早発閉経』と呼んでいるようです)

『早発閉経』ということは、つまり『卵巣の機能が死んでしまうこと』を意味します。

若年性更年期障害は遺伝や病気によって起こると言われてきましたが、最近では無理なダイエット、過度のストレス、疲労などとの関係も取りざたされています。

基本的に生殖機能は最低限生きてゆくのには必要ないので、体が本当に危機的な状態になると切り捨てられてしまうのです。怖い話ですよね。

でも、ホントの意味での『若年性更年期障害』=『早発閉経』=『卵巣機能がなくなってしまうこと』の人はそれほど多くないようです。

では、いわば『プチ更年期』とでも呼べそうな、『卵巣機能は生きているけれど、更年期みたいな症状』はどうしておこるのでしょうか?

それは、更年期は『出なくなった女性ホルモンを無理に出させようとして体が混乱することによって』におこります。

でも、更年期でなくても、過度のストレス、ダイエット、疲労、激しい運動、不規則な生活、タバコ(血管を収縮させるので体にストレスになります)によって月経不順になり、ホルモンのバランスが崩れると、体が混乱してしまって更年期に似た症状が起こるということなのです。

しかも、女性ホルモンの指令中枢がある脳下垂体や視床下部は、外部からの刺激を受けやすい繊細な場所なので、ちょっとしたストレスですぐに影響を受けてしまうのです!

早発閉経かどうかは血液検査で調べることができます。

もし本当に早発閉経なら、足りないホルモンを補充したりする治療になります。

ところが、(実は早発閉経自体も増えていると言われていますが)、もっと多くの女性が経験しているのが、この『早発閉経』ではなく、ちょっとした更年期症状だけが出現して、卵巣機能は大丈夫な、言ってしまえば『プチ更年期』とでも言えそうな状態なのです。
posted by venus at 12:02 | 若年性更年期障害としては

更年期障害の改善策としては

model3.jpg



第1番目に先ず自律神経失調を正常にすることです。

第2番目交感神経の優位から全身の血行を良くし全身を温めます。

第3番目に胃腸など消化器系を正しくして栄養摂取をします。

第4番目にホルモンの分泌を正しくします。

第5番目に全身の機能を快復して、心身の自然の治癒力を引き出します。

更年期障害を改善して行く身体の大切な働きが理解されます。

身体に受けた信号は、脳の視床下部で感知して、神経の中枢である脳幹から全身の神経へ伝達されて、心身の機能が正常に働くように本来出来ています。

この仕組みが壊れた状態で多くの疾病が起こります。

即ち自律神経系の異常が大きな原因とされています。

大きなストレスやショックや人生での心の負担は自律神経の恒常性を壊して、心身に異常を来たします。

その結果血行障害やホルモンの分泌の異常を訴えるようになり、更年期障害のような症状を現出すると云われています。
posted by venus at 11:59 | 更年期障害の改善策としては

更年期障害の原因としては

mode-03.jpg



更年期障害は、50歳くらいになって卵巣の機能が衰えることによって、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンの分泌が減ることによっておこります。

そして体内の大切な血液の使用を制御していますが、ホルモンのバランスを崩して、自律神経系に影響し、年齢的にも、環境的にもちょうどタイミングが合い、これに生活習慣が影響して、いろいろな症状の更年期障害を迎えます。

『そもそも女性の体の中には『卵胞ホルモン(エストロゲン)』『黄体ホルモン(プロゲステロン)』という女性ホルモンがあって、妊娠・出産・月経周期をコントロールしています。

そして、この『エストロゲン』と『プロゲステロン』の分泌量と時期をコントロールしているのが脳下垂体や視床下部と呼ばれる脳の中の一部なのです。

閉経が近づくと卵巣からの女性ホルモン(エストロゲン)の量が減りますが、体はけなげに、この変化に何とかついてゆこうと頑張ります。

つまり、脳は『エストロゲンを出しなさい』という指令を出しつづけようとするのです。

ところが、そもそもの卵巣の機能が衰えているので、頑張ってもエストロゲンは増えません。

すると、この過程でからだが混乱してしまいます(特に女性ホルモンの脳の司令塔(視床下部)は自律神経のコントロールにも関わっているので、いわゆる『自律神経失調状態』の症状が強く出るといわれています)。

このとき表れる症状が一般に『更年期障害』と呼ばれているものです。
posted by venus at 11:56 | 更年期障害の原因としては

更年期障害の症状としては

293049-1733835-0-6811029.jpg



更年期障害とは女性の閉経の前後40代〜50代に起こる月経異常や自律神経の調整異常、神経や代謝の異常の総称で、その具体的症状は、精神的、肉体的に多岐にわたります。

不快症状の度合いには個人差があり、更年期と呼ばれる年齢の女性のうち約75%が何らかの症状を実感し、そのうち約25%が日常生活に支障をきたすほどの状態に陥っています。

更年期障害の症状として、ほてり、汗かき、手足の冷え、動悸、息切れ、不眠、イライラ、くよくよ、頭痛、めまい、疲労感、肩こり、腰痛など自律神経系の失調により、血液循環、神経系を悪くして、更年期障害の様々の症状を訴えるようになります。

個人差の秘密は、「生活環境」、「からだの衰え具合(老化)」、「心理的安定状態」が主なものでしょう。

「生活環境」は簡単に変えられませんが、「老化防止」「気持ちの安定」は普段の養生や漢方療法で改善することができます。

年齢の7の倍数で転機を迎えるという女性の体は、42才前後から卵巣機能の衰えが顕著になってきます。

すると、生理不順が起こりがちです。出血量が減ったり、だらだらと続いたり、周期がばらばらになったりと人によって様々です。

そして、閉経は50才前後が多く、50才までに半数以上が閉経を迎えています。
posted by venus at 11:50 | 更年期障害の症状としては
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。